abybox.hatenablog.com
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

abybox

minimalism, yoga, healthy life

「仕事?そんなのしてませんよ。毎日が私にとってはゲームです!」が理想。娯楽は正義!

f:id:abybox:20170121232852j:plain

 

あなたは、自分に時間やお金を使っていますか?

私は、めちゃくちゃ使ってます(笑)

むしろ、その他に使う道ある?

2年前に社会人になって、1年目はずっと仕事に時間やお金を使っていた。職場の飲み会とか上司の誘いには必ず行ってたし、お客さんのムリなお願いで、休みの日にも職場に行ってた。時間や交通費や飲み会代(まぁこれはほとんど払ってもらってたけどw)を割いて。

でも、薄々気づいてたけど、これって自分にとって本当に必要なことなのか?

最初は、「薄々」感じていただけで、自分の気持ちを隠して、仕方ないことだって割り切ってやってた。1年たってようやく、いや、やっぱりおかしい!って本心が隠し切れなくなっていた。

それから、時間とお金は自分が納得のいくものだけに使おうって決心。(遅いわ!笑)

ヨガにも通い始めたし、歯科矯正もスタート。本も読むようになったし、こうして、はてなブログを始め、SNSを再開することもできた。美容皮膚科に行って、肌にも手をかけるようになった。

これは、世間からすると完全に「娯楽」。「自分磨きだ。」っていう人もいるかもしれないけど、私もこれは娯楽だって思ってる。

この娯楽を、以前までは「完全に良くないもの」だと思い込んでいた。

ある記事に、「自分磨きするって言って、すぐ新しい趣味や習い事なんかをやり始めちゃう人いるんですよね~」って書いている人がいた。その人に言わせれば、それはもう娯楽。本当の自分磨きとは、大前提に、仕事と勉強。それを軸として、規則正しい生活を送ること。

社会人になる前にこれを読んだ私は、完全に洗脳され、よし、まずは仕事を頑張ろう!って意気込み、さっき書いたような社会人1年目を送ることになる。

そして、疑問に思う。仕事を頑張れば頑張るほど増える仕事量。ミーティングや仕事に対する心構えなどの勉強会を就業時間後に平気でおこない、帰れなくなる時間。仕事を頑張れば成長できると宗教のように唱える会社。

夜遅くまで会社に残り、会社に時間を使う。お腹がすいてコンビニでムダなものを買ってしまう。自炊する予定が余計なものにお金を使ってしまう。

疑問に思いながらも、洗脳されている私は、これが成長だ!こなせなくては、甘い!と自分に言い聞かせ「頑張る」。

今思えば本当の「馬鹿まじめ」だ。

頑張る私は、娯楽なんかしてはいけないような錯覚に陥っていた。休んでる間も今やっている仕事の物件が気になり、気持ち的に休めない。会社から電話がくることもある。お客さんのクレームやムリなお願いがきたら、家でゆっくりしてようが、買い物してようが、否応なしに職場へ直行。娯楽は余裕な時間にするものだと思い込んでいた私は、自分の気持ちに余裕がないことを言い訳して、娯楽はしてはいけないと、成長できないと、時間やお金がムダになってしまうと無意識に言い聞かせていた。

でも1年たったころ、「これって、本当に成長することなのか?」「結局会社に身を捧げているだけじゃないのか?」「時間とお金をこんな風に使って満足なのか?」とようやく自分の疑問に思っていたものが溢れて、こんなことに時間とお金を使いたくない!と思うようになっていた。

 それからなにか変わりたいと思った私は、仕事に対するやり方を変えた。

仕事の量を把握し、減らせるものは減らす。頼み事もすべて引き受けない。休みは絶対に休むために、お客さんがその日都合が良くても、私がその日休みならちゃんと伝える、またはその日出勤のスタッフにお願いする。自分のタスクだけでなくお店全体のタスクも把握し、閉店後にやらなくてもいいようにできることはする。飲み会も必要ないと感じたら参加しない。

すごく当たり前なことなんだけど、できていなかった。これだけで、前よりはちょっとだけ改善された。

ムダかもしれないという考えを捨てて、やりたいと思ったことは多少お金がかかってもしようと思い、前からずっと気になっていたヨガに通うようになったし、高額な歯科矯正も念願かなってようやく始めることが出来た。SNSを再開し、いろんな人のブログを読むようになってから、面白そうな本とたくさん出会い、読むようになった。そして、こうしてブログも始めた。ヨガをするようになってから、健康的な美について考えるようになり、化粧品の質や日々の呼吸法も意識するようになった。

自分にとっての「娯楽」は決して良くないものじゃない。むしろ、いいものだ。なぜなら、楽しいから。変化していくのが面白いから。価値観がどんどん変わっていき、可能性がぐんぐん広がる。

私は、仕事にたいして、「休めない」とか「帰れない」とかそんな不満ばかり抱いていた。これが、仕事大好き人間なら、こんな不満は抱かないし、むしろ、「え?もうこんな時間?!」となってたはずだ。ということは、私は仕事がつまらないと感じていたのだろう。でも、好きな分野の業界で、やっと入った会社。だからつまらないと感じる自分を認めたくなかったんだ。

なんかなにを言っているのか分からなくなってきたけど…(笑)

結局、娯楽は悪くない、ということだ。むしろ娯楽はどんどんやるべきだ。もちろん規則正しい生活習慣は前提に。

娯楽は人それぞれだろう。旅行やエステや温泉が娯楽だ、という人はもちろんたくさんいるだろうし、ゲームや漫画を読んでいる時間が娯楽だという人もいるだろう。逆に今してる仕事が娯楽です!なんて人はいるのかわからないくらい少数だと思うが、私はそれが理想だ。

今時間を忘れるくらい没頭するなにか、心からワクワクするなにか、それをしていたら、いつの間にか収入があった、くらいの、「え?仕事?そんなのしてませんよ。毎日が私にとってはゲームです!」というくらいのもので生活が出来れば天国だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 健康ブログへ